teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


あけおめ

 投稿者:el  投稿日:2009年 1月 1日(木)09時20分20秒
返信・引用
  今年も宜しくお願いいたします~。  
 

DOGAの話ですが、こちらに。

 投稿者:sin  投稿日:2008年12月17日(水)01時16分50秒
返信・引用
  久しぶりに、DOGAサイト見てきました。

アラストルと、アリス小隊の勇姿が拝めて眼福です。
hooky納豆論文の集大成のようで、とても良い映像でした。

ええ、こちらはついに発表できぬままとなりそうです。
心が折れてしまいまして、申し訳ない・・・。
 

どーでもいい話なのでココに

 投稿者:家主  投稿日:2008年 8月12日(火)12時19分47秒
返信・引用
  とーとつにサイトアイコン作ってみた。
お馴染みの背景画像からバインダー穴部分を切り出しただけだけどw
ちょっと嬉しいw でももう少しくらい凝った物の方が良かったかな。
 

よっしゃあ!

 投稿者:家主  投稿日:2007年 7月14日(土)23時25分49秒
返信・引用
  繋がった!

まだXPのインストールが終わっただけなので、詳しくはまた後で。
 

カウンタの

 投稿者:家主  投稿日:2006年 9月 9日(土)11時20分31秒
返信・引用
  6666を自分で踏んでしまった…(笑  

なにげに

 投稿者:sin  投稿日:2006年 9月 3日(日)17時22分10秒
返信・引用
  リンク紹介文が変わっていますね。
夏休みは、ロボット・プログラミングを存分に楽しみましたが、おかげで
現在も休日出勤です。
 

盛り上がってますね

 投稿者:家主  投稿日:2006年 8月16日(水)16時42分56秒
返信・引用
  まず、hookyの認識においては「空気遠近法」=「遠景には距離に応じた度合いで『空気の色』が乗る」=「L3で実現するには霧効果を使う」です。

本題?の方は、まぁ、多分誰に何を言われても、飽きるまでは方針変更はしないと思うので、ただの述懐ですな、いつもの。
(俺って、人の話を聞いているようで聞いてないですよね)

そういや霧効果で思い出したけど、霧効果のかかり方にも被写界深度の設定を適用するようになってくれないかなぁ。
いろいろ悪用しようとすると、融通の利かなさが気になるんだよね…。

■デフォーカス
正直、ピントの合う・合わないの原理も良く分からないのですが。
sinさんご紹介の講座の図でなんとなくは分かったものの、説明文は全く頭に入りませんorz
えーっと、受光体からレンズ(=焦点距離?)を遠ざけると、ピントの合う距離(=ピント位置?)は近くなる、でいいのかな。
それとも、画角が変わるだけ?
素人考えだと、遠くにピントを合わせれば、それだけ被写界深度も深くなるのかな、と思うのですが、逆なんですか?
それともこれは、ピント位置じゃなくて焦点距離の話?
良くわかんないなぁ…。

DoGA公式のデフォーカスの説明によれば、遠景はボケないのではなく、どれだけ距離が違っても、ボケ具合が大して変わらないという事ではないでしょうか。
DoGA公式の背景画像は、どれもボカシかかってますし(これは、演出目的もありそうですが)。
…単にjpgの劣化って事は、ないよな?(笑

hookyの印象で話すと、ボケ具合や位置関係から言って、アウトフォーカスした、被写体より手前の物体(近景)は目に付くが、奥の物体(遠景)を意識する事は無いと思うんですよね。
(静止画だと話は別かもしれませんが)
そうなると、デフォーカスで巨大ロボのスケール感を出すには、やはり近景を置いてそれをぼかす、という事になるでしょうか。
ロボを遠景に置いてぼかす、のは、本末転倒な気がするし…。

一度、霧効果とデフォーカスを併用してみるか…。
 

あれ

 投稿者:idoro  投稿日:2006年 8月15日(火)03時22分48秒
返信・引用
  そういやそうですね。
何で勘違いしてたんだろう…

普通こういう演出は人間の目にあわせるので、その場合はデフォーカス表現は
しないほうがいいということですかね?
 

あれ?焦点距離について

 投稿者:sinメール  投稿日:2006年 8月15日(火)03時00分11秒
返信・引用
  自称アマチュアカメラマンのsinです。

被写界深度
実機(一眼レフカメラ)の場合、
・10m先のロボに焦点を合わせたら100m先のピラミッドがぼける
は普通にありますよ。レンズの種類にもよりますが、望遠系レンズ(35mm用フィルムカメラ換算で100mmオーバー)のレンズなら、それが目的ですから。特に、ポートレートなどで人物を表現する場合は背景処理(主題のみ浮き立たせるため)で望遠系のレンズを使ってわざと遠景の背景をボケさせます。そのためにこそ、一眼レフのレンズ群は存在するわけで。
#手持ちの一眼レフはフィルムカメラなのでデータがないのでネットにて実例
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/feelnikon/discovery/stepup/stepup14.htm
このページの中段当たりにある、高山植物の写真などが典型でしょう。焦点距離の浅い望遠レンズで、遠くにある花だけを切り取り、遠景の山をぼかしています。
あるいは、この講座の焦点距離概念図を見てもらうといいかもしれません。
http://homepage.mac.com/kamenoseiji/MountNotes/focaldepth.html

もちろん、
・10m先のロボをみて11m先の主人公少年がぼける
ということも理論上は可能です。よっぽど焦点距離を浅く撮影しなきゃダメなので、すごく明るいときに、ものすごく大口径のレンズでおっそろしく速くシャッターを切ったら何とかなるかも。
 

ん?

 投稿者:idoro  投稿日:2006年 8月14日(月)19時02分57秒
返信・引用
  ひょっとして食い違ってるかも?
対比ではなく、光の散乱で「全体が」微妙にもやもやするという話ですか?
 

デフォーカス

 投稿者:idoro  投稿日:2006年 8月14日(月)19時00分17秒
返信・引用
  本題はちょっと難しい話なので、差し当たりデフォーカスについてだけ。
Lギャラリーでも巨大なロボットなどの静止画でデフォーカスを使っている例がまま見受けられますが、
これって本当はおかしいんですよ。

被写界深度というのはある程度遠くにピントをあわせた時点で無限に深くなってしまいますので、
・10cm先の指先にピントを合わせたので1m先の掛け時計がぼやける
のはいいんですが、
・10m先のロボットにピントを合わせたので100m先のピラミッドがぼやける
のはあり得ないんです。

これ、森山さんだかたかつさんだかも何回か言ってましたが、
あんまり皆が無視するので最近は言わなくなりましたね(笑)。

ただ、これはあくまで理屈の話であって、3DCGに禁じ手などありませんし、
デフォーカスをかけると「なんだか良い感じ」なのも事実ですね。
 

いつもいつも感謝ですw

 投稿者:家主  投稿日:2006年 8月14日(月)00時54分46秒
返信・引用
  いや、ホント要所要所で登場するidoroさんの有難みは、sinさんとはまた別の精神的支えになってます(笑
…そこで「(笑」つけるのは失礼なんじゃないか、俺?

空気遠近法は確かにいいですね。
しかし、無意識に考えからは外していたみたいです。
モーションエディタの利用が前提なせいでしょうか…。

演出的な方法論でなく、自分の作るL3データ(L3P、L3C)の、表層的な情報量や、密度感を増したいと言う願望があるみたいですね。
hookyのL3ユーザーとしての根っこを揺るがしかねない、静止画偏重になりかねない危険な傾向ですが、それでも、現状には不足を感じずにいられない、といった所なのでしょう。

でも、別の方法として、緻密な景観を作って、そこに従来通りのぬるっとした巨大ロボなんかをポーンと放り込んで、非現実感を逆にリアリティに利用してしまうという方法も考えられそうですが…。
いまだ、まともに背景ストラクチャを作った事の無いhookyが今そんな事を言っても、空回りですね。

あ、取り留めの無い文章…。
 
    (家主) あ、空気遠近法=霧効果って頭で書いちゃったけど、デフォーカスでもいいのかな。
でもあれも、LE3のモーションエディタ使わないとまともに制御できないか…。
 

何か書こうとしても

 投稿者:idoro  投稿日:2006年 8月13日(日)23時49分41秒
返信・引用
  どうせこんなことは知ってるだろう…とか思うんですよね

巨大感ならまず空気遠近法はどうかとか。
 

久しぶりに

 投稿者:家主  投稿日:2006年 8月13日(日)22時01分44秒
返信・引用
  更新とは別の意味で、サイトの整備。
まぁここ数日ちょぼちょぼやってたのの継続みたいなものだが、
web拍手の最初の表示を弄って、テキストボックスに嘆願メッセージを表示(笑
さらに、テキストボックスをクリックするとそのメッセージが消えて、すぐコメントを入力できるように。
トップページのリンク表示スクリプトをいじって組み込んだ物だが、一発で正常動作してくれた。
うんうん、よしよし。幸先良しとしておこう。

閲覧者の皆様へ
hookyはレス乞食です。
あなたの清き一票、もとい、気軽な拍手がhookyの心を慰めます。
ついでにサイト更新への感想、要望、報告、提言などのコメントを頂けると、更新意欲が倍増する可能性があります。
完全に匿名で送信できますので、BBSに書くのはちょっと…と躊躇う方も、どうぞお気軽にご利用ください。

…これトップに書いとくべき事か?(笑
 

リンク先の非合法映像で

 投稿者:sinメール  投稿日:2006年 8月 2日(水)21時58分47秒
返信・引用
  インテリジェントデバイスを使用する砲撃魔導師の映像をたくさん見てしまいました。半分、英会話の勉強を兼ねていたりしますが、あのシステム、仮面ライダーもあのぐらいやってくれたら、と感激してしまいました。
自分の中で合理解釈するには主要登場人物の設定年齢が若すぎるので+20~30ぐらいにおじさんおばさん化したプロの世界を描いてもらえると、きっとハリウッド並みに一般受けするものになる気がします。
逆に、そうなると作り手のモチベーションが大幅に下がり作品の質も低下するのでしょうけれど。いやはや、魔女っ子だろ?となめていた自分の不明を恥じます。
しかし、主人公を30代男性ぐらいに設定したハードボイルドバージョンをみたいなぁ。自分でお話書こうかなぁ・・・。
 
    (家主) あ。
アンタ英訳付き本編見たな!?(笑
まー、突き詰めると結局魔法なので、有耶無耶な感じになるんですけどね…。
(なのはってまさに馬鹿の一つ覚え…砲撃{多分正しくは法撃}しかしねえ)
この作品はファンシーなタイトルロゴとチャラチャラしたキャラデザインに騙される作品です。(笑

> 設定年齢
いや、多分それ全く受けないと思います(笑
なのはという作品において重要なのは、「頑なな心を溶かすまっすぐな言葉」であり、それを放つにふさわしいのは「少女」ですから。
まぁ、「言葉が通じないなら拳で会話しよう」という裏テーマも持ってる辺りが怖い所ですが(笑
 

何故か

 投稿者:家主  投稿日:2006年 7月23日(日)20時16分55秒
返信・引用
  カブトも折り返し間際のこの時期に、剣…ブレイドについて考察してみたり。
忘れそうなのでここに書き留めておく。

アンデッドとカードについて
ライダーシステムがアンデッドをカードに封じるのでも、モノリス(バトルファイトの統率者)が
封じるのでもなく、アンデッドの「不死生命力」の根源がカードである。
カードの所有者はカードの力を使う(実体化・具象化)事が出来る。
実体化は「アンデッドとしての姿」と「不死」、具象化は「カード個別の特殊能力」がある。

カードの所有者でない者は、カードから実体化している力を、何らかの方法で上回る事により、カードの所有権を奪う事が出来る。
「実体化している力を上回る」という点が肝で、所有者のないカードは拾うだけで所有権を得られる。
所有者が居ても、不意打ちや、全力を出せない状況を組み立てる事で、に打ち克つ事は可能。
複数のカードを所有する事ももちろん可能で、所持する全てのカードの力を使う事が出来る。

時間ぎれ、今日はここまで。
 

ネクタリス

 投稿者:sinメール  投稿日:2006年 7月 1日(土)08時31分31秒
返信・引用
  PCエンジン版のものをPC上で動かす物をハドソンが正規配布していました。
#現在は停止。
ただし、私は持っています。必要なら連絡を。
 
    (家主) 反応早っ!
ていうか、え?
な、なんですかそれ?
Huカードを挿してゲームが出来るPCIカードか何かが存在したって事ですか?
なんか凄くときめくんですけどw

…検索終了…
ああ、Win版(しかもフリー!?)があったんですか。
うーん、でもどうだろ、PCエンジン欲しいかも…
ていうか、友達が持ってるんで借りれば済むんですけどね。
 

また固定止まった

 投稿者:hooky  投稿日:2006年 5月 1日(月)15時23分59秒
返信・引用
  なんか止まるの早くね?
って、単にタイミングの問題か…。
 

あ、あああ…

 投稿者:hooky@スネかじり  投稿日:2006年 4月23日(日)07時18分29秒
返信・引用
  な、謎が一つ解けたっつーか…
極端すぎるよぅ、sinさん(笑

いやはや、うろたえて過剰反応してしまい、すみません…orz
 

ごめんなさい、わかってるんです、わかってるんですけど

 投稿者:sinメール  投稿日:2006年 4月23日(日)06時15分8秒
返信・引用
  予想以上に深刻な衝撃を与えてしまったみたいなので、お詫びと弁明を。
■面倒発言についての見解
私は、決して絶対に「これも自動化してよ!」という要望はもっていません。それは、どこからどう考えても完璧にユーザーの責任です。
また、自分で影像を造るときに、例えばだんだんと透明化する必要がある、とかのシーンを作ることになったら、きっとものすごく喜んでこれを30分割ぐらいの勢いで使うと思います。

でも、だめなんです。hookyさんの予測を上回るぐらい、怠け者なんです。ぶっちゃけ、多関節物体をコピーして、リネームツールとテキストエディタで各パーツとL3cの情報を置換する作業程度ですら苦痛で苦痛で仕方がないのです。3分ぐらいしかかからない作業なのに。

 単純なツールを自在に組み合わせる魅力は十分に感じてます。
自分でも幾つか悪用例を考えたり実践していこうと思っております。でも、根本では作業をいやがるのです。

#ただ、頼まれごとになるとモードが切り替わり「世のため人のため」手間が多いほど充実するのですけれど。だから、依頼になったら、きっと嬉々として納豆ツールズの複合作業をこなすでしょう。
#代官業務はモードが切り替わっています。念のため。

■連番aviの結合について
AviMakerというソフトを使っています。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se121264.html
自力で見つけたのか、誰かに教えてもらったのかは忘れましたが、
当然その手のツールをhookyさんは知っているものと思っていました。
#ツール関連で常にhookyさんに教えてもらっていたので、逆があるとは思っていませんでした。(^_^X)
ダウンロード総数が4000程度らしいので、けっこうマイナーなソフトかも。
 

レンタル掲示板
/13