teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


あけおめ

 投稿者:el  投稿日:2009年 1月 1日(木)09時20分20秒
返信・引用
  今年も宜しくお願いいたします~。  
 

DOGAの話ですが、こちらに。

 投稿者:sin  投稿日:2008年12月17日(水)01時16分50秒
返信・引用
  久しぶりに、DOGAサイト見てきました。

アラストルと、アリス小隊の勇姿が拝めて眼福です。
hooky納豆論文の集大成のようで、とても良い映像でした。

ええ、こちらはついに発表できぬままとなりそうです。
心が折れてしまいまして、申し訳ない・・・。
 

どーでもいい話なのでココに

 投稿者:家主  投稿日:2008年 8月12日(火)12時19分47秒
返信・引用
  とーとつにサイトアイコン作ってみた。
お馴染みの背景画像からバインダー穴部分を切り出しただけだけどw
ちょっと嬉しいw でももう少しくらい凝った物の方が良かったかな。
 

よっしゃあ!

 投稿者:家主  投稿日:2007年 7月14日(土)23時25分49秒
返信・引用
  繋がった!

まだXPのインストールが終わっただけなので、詳しくはまた後で。
 

カウンタの

 投稿者:家主  投稿日:2006年 9月 9日(土)11時20分31秒
返信・引用
  6666を自分で踏んでしまった…(笑  

なにげに

 投稿者:sin  投稿日:2006年 9月 3日(日)17時22分10秒
返信・引用
  リンク紹介文が変わっていますね。
夏休みは、ロボット・プログラミングを存分に楽しみましたが、おかげで
現在も休日出勤です。
 

盛り上がってますね

 投稿者:家主  投稿日:2006年 8月16日(水)16時42分56秒
返信・引用
  まず、hookyの認識においては「空気遠近法」=「遠景には距離に応じた度合いで『空気の色』が乗る」=「L3で実現するには霧効果を使う」です。

本題?の方は、まぁ、多分誰に何を言われても、飽きるまでは方針変更はしないと思うので、ただの述懐ですな、いつもの。
(俺って、人の話を聞いているようで聞いてないですよね)

そういや霧効果で思い出したけど、霧効果のかかり方にも被写界深度の設定を適用するようになってくれないかなぁ。
いろいろ悪用しようとすると、融通の利かなさが気になるんだよね…。

■デフォーカス
正直、ピントの合う・合わないの原理も良く分からないのですが。
sinさんご紹介の講座の図でなんとなくは分かったものの、説明文は全く頭に入りませんorz
えーっと、受光体からレンズ(=焦点距離?)を遠ざけると、ピントの合う距離(=ピント位置?)は近くなる、でいいのかな。
それとも、画角が変わるだけ?
素人考えだと、遠くにピントを合わせれば、それだけ被写界深度も深くなるのかな、と思うのですが、逆なんですか?
それともこれは、ピント位置じゃなくて焦点距離の話?
良くわかんないなぁ…。

DoGA公式のデフォーカスの説明によれば、遠景はボケないのではなく、どれだけ距離が違っても、ボケ具合が大して変わらないという事ではないでしょうか。
DoGA公式の背景画像は、どれもボカシかかってますし(これは、演出目的もありそうですが)。
…単にjpgの劣化って事は、ないよな?(笑

hookyの印象で話すと、ボケ具合や位置関係から言って、アウトフォーカスした、被写体より手前の物体(近景)は目に付くが、奥の物体(遠景)を意識する事は無いと思うんですよね。
(静止画だと話は別かもしれませんが)
そうなると、デフォーカスで巨大ロボのスケール感を出すには、やはり近景を置いてそれをぼかす、という事になるでしょうか。
ロボを遠景に置いてぼかす、のは、本末転倒な気がするし…。

一度、霧効果とデフォーカスを併用してみるか…。
 

あれ

 投稿者:idoro  投稿日:2006年 8月15日(火)03時22分48秒
返信・引用
  そういやそうですね。
何で勘違いしてたんだろう…

普通こういう演出は人間の目にあわせるので、その場合はデフォーカス表現は
しないほうがいいということですかね?
 

あれ?焦点距離について

 投稿者:sinメール  投稿日:2006年 8月15日(火)03時00分11秒
返信・引用
  自称アマチュアカメラマンのsinです。

被写界深度
実機(一眼レフカメラ)の場合、
・10m先のロボに焦点を合わせたら100m先のピラミッドがぼける
は普通にありますよ。レンズの種類にもよりますが、望遠系レンズ(35mm用フィルムカメラ換算で100mmオーバー)のレンズなら、それが目的ですから。特に、ポートレートなどで人物を表現する場合は背景処理(主題のみ浮き立たせるため)で望遠系のレンズを使ってわざと遠景の背景をボケさせます。そのためにこそ、一眼レフのレンズ群は存在するわけで。
#手持ちの一眼レフはフィルムカメラなのでデータがないのでネットにて実例
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/feelnikon/discovery/stepup/stepup14.htm
このページの中段当たりにある、高山植物の写真などが典型でしょう。焦点距離の浅い望遠レンズで、遠くにある花だけを切り取り、遠景の山をぼかしています。
あるいは、この講座の焦点距離概念図を見てもらうといいかもしれません。
http://homepage.mac.com/kamenoseiji/MountNotes/focaldepth.html

もちろん、
・10m先のロボをみて11m先の主人公少年がぼける
ということも理論上は可能です。よっぽど焦点距離を浅く撮影しなきゃダメなので、すごく明るいときに、ものすごく大口径のレンズでおっそろしく速くシャッターを切ったら何とかなるかも。
 

ん?

 投稿者:idoro  投稿日:2006年 8月14日(月)19時02分57秒
返信・引用
  ひょっとして食い違ってるかも?
対比ではなく、光の散乱で「全体が」微妙にもやもやするという話ですか?
 

レンタル掲示板
/25