teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


shakeさんへ

 投稿者:管理人abe  投稿日:2016年12月30日(金)09時15分49秒
  こんにちは。管理人のabeです。

本日、図書室に「Salvadol Dali : A Soft Self-Portrait」をUPいたしました。

今回、未UPの書籍や訪問が、まだまだ沢山あることを改めて確認した次第です。
 
 

shakeさんへ

 投稿者:管理人abe  投稿日:2016年12月 8日(木)00時01分11秒
  はじめまして、管理人のabeです。

ご質問のビデオは、このHP内の図書室にあります。
  図書室>DVD>ダリ動画の棚にある「A SOFT SELF-PORTRAIT」です。
私は1987年にセントピーターズバーグのダリ美術館訪問のときに入手しました。

カラー60分のVHSで、ナレーターをOrsonWellesが務めています。
クレジットを見ると、©1969RM Production と©1987Pacific Arts Video と表記されています。
現在、入手できるか否かはわかりません。

DVDの無い時代でしたね。
劣化防止のために、DVD-RAMに保存してあります。

お気付きのとおり、まだHPにUPしていませんでした。
年内にはUPいたしましょう。
 

ダリの映像

 投稿者:shake  投稿日:2016年12月 6日(火)09時20分30秒
  以前アメリカに住んでいたのですが、その時に多分ポルトリガートでロケをした、ビデオを見つけました。
ダリとガラが卵を割って出てくるシーンや、ピアノを弾きながら海に流されて行くシーン、ビーニールのドームの中で絵を描いて行くシーンなど、ファンにはたまらない映像の数々で、ダビングもしましたが、いつしか見れなくなってしまい、以来、ずっと探していますが全く情報が見当たりません。多分60年代に撮影されたものだと思いますが、知っていますか?タイトルや入手方法など分かりましたら教えてください。
 

tomatoさんへ

 投稿者:管理人abe  投稿日:2016年 7月22日(金)22時39分31秒
  tomatoさん、はじめまして。
管理人のabeです。

 さて、ル・コルビュジエの西洋近代美術館の世界遺産登録が話題になっていますね。
ダリが21歳の時にコルビュジエと一緒に昼食をとったことがあったことが、「異説・近代藝術論(書籍1-1958-06)」に記載されています。
 ダリはコルビュジエの建築を自己懲罰的な建築と説明しています。
 ダリがコルビュジエから「未来の建築」について意見を求められた時に、「柔らかくて毛深い」ものになるだろうと答えています。住宅を「住むための機械」と称しているコルビュジエに対して、偉大な建築家はガウディであると宣言しています。

 ポルト・リガトにあるダリとガラの住居が有機体が増殖するように形作られたことや、ガウディの波打つような形態を考えると、コルビュジエの建築はあまりにも無機質に感じたのでしょうか?
 

コルビジュエ

 投稿者:tomato  投稿日:2016年 7月21日(木)22時53分16秒
  はじめまして。
tomatoと申します。

コルビジュエの建築が世界遺産となり注目されています。
ダリはコルビジュエと意見が合わなかったと聞いたことがあります。
そのことを知っている人はいませんか。
 

dalistさんへ

 投稿者:管理人abe  投稿日:2016年 1月 7日(木)22時14分20秒
  dalistさん、こんばんは。
久しぶりでした。

上杉博物館の情報ありがとうございました。機会があれば行ってみたいです。

今年のダリ展については、未確認情報として昨年夏に聞いておりました。
日本では、2006年の生誕100年記念の回顧展以後では大きなもののようですね。
2013年のポンピドゥーセンターの回顧展は充実していましたが、今回はどんな作品が並ぶか、どんな見せ方をするのかを考えると、とても楽しみです。

また来てください。
 

abeさまへ

 投稿者:dalist  投稿日:2016年 1月 4日(月)13時41分31秒
  米沢市の上杉博物館(伝国の杜)で、24日までまた『浜田浜雄展』を開催しています。 米沢にご用の際にはぜひお運びください。
今回は戦後のオブジェや写真作品に力を入れたとのことで、戦前の絵画作品は前回よりも縮小されていますが、ダリ風の作品は十分楽しめます。 16日にはギャラリートークもありますよ。

今年は京都と東京で、また大きな『ダリ展』があるそうですが、私は現在は泊まりがけどころか、朝から晩まで通して家を空けることも困難になってきてますので、今後はもう行けないだろうと思います。 交通費の捻出も大変になってきてますしね(でもそれだけ、ダリに対する熱意が薄れてきたことになるのかも。 少し前だったら、どんな工面をしてでも行ったでしょうから)。
 

Mayさんへ

 投稿者:管理人abe  投稿日:2015年 8月 1日(土)00時34分55秒
  お久しぶりでした。
お変わりありませんか?

NYにお戻りになったのですね。
私は3年前に初めてNYへ行きましたが、多くのものが混ざっている街との印象でした。
刺激的で喧騒の街ですね。疲れるけど魅力的。
ダリに関して情報がありましたらお知らせくださいね。

未確認情報ですが、来年は日本においてダリ展が開催されるようです。


私はさぼっているHPの更新をあわて過ぎないでしております。月一度未満にならない程度が目安です。

ちなみに私のカメラはNIKON-D5100です。
NY訪問前に電気量販店で望遠レンズとのセットで購入したものです。
使い勝手はいいです。

また来てください。
 

May

 投稿者:May  投稿日:2015年 7月29日(水)09時24分15秒
  ABEさま、

NYに戻ってきました。

NY大学卒業後に、知り合いの写真ラボのバングラデシュ人に誘われ、地獄の片道32時間自動車ドライブでNYからイエローストーン国立公園へ行って写真撮って、日本へ帰って昔の友達のコネで1年間働き、今またNYにいます、この先どうなるのか不明ですが、大丈夫です。

ちなみにわたしの愛機はミランダRE2(黒)です。




 

Qさんへ

 投稿者:管理人abe  投稿日:2015年 2月15日(日)10時39分53秒
  Qさん、おはようございます。

 ご返事ありがとうございます。
 この掲示板の上部に記載しているとおり、私は掲示板のチェックを毎日出来る状況ではありません。物理的な要素と、単に時間が作れないとの理由があります。

 そのような状況のため、ダリに関する書籍の読み込みも浅いです。いわゆる斜め読みです。どちらかというと読むことよりも整理に重点をおいているのが現在の状態です。
 Qさんは本格的に読み込めるようですので、私がQさんに参考意見をお聞きするような場合もあると思います。そのようなときはよろしくお願いいたします。

 昨日から未UPの書籍について追加UP始めました。

また来てください。
 

レンタル掲示板
/20