teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ご回答ありがとうございました!

 投稿者:Q  投稿日:2015年 2月11日(水)03時49分55秒
  abe様、こんばんは。先日は質問へのご回答、どうもありがとうございました。
ダリに関して、まだまだ読み込み不足なのですが、そんな風に思って頂けて恐縮ながら大変嬉しく思います。

「ダリの告白できない告白」は、大変興味深く読みましたが、やはりabe様があんなにも膨大な書籍の中から選ばれるほどの一冊なのですね!鮮やかな山吹のハードカバーがとても印象的で、装丁も好きです。
abe様が仰っていたように、ダリ自身の言葉によって、「ダリ」を演じるにあたっての移ろう心情が窺えるのはとても感慨深いですね。
私も最初にダリを知ったときは、ただ作品に触れるだけだったのでその仮面にまんまと騙され、ダリ自身そのものが作品であることの本当の意味を知ったのはまだ数年前なのです。
しかし、それに気づいてから、ダリの仮面をかぶるようになる経緯、更に仮面をかぶる前の学生館時代にも興味がわき、少しずつ書籍を読んでいます。
早速、先日教えて頂いた「ダリとの対話」を購入しました。
今までにない、対談形式の書籍というのは、訳者の方も綴られていましたが、やりとりのニュアンスやリズムが伝わってきて、とても楽しいです!また、たわいもない質問にも真っ直ぐ答えるダリが面白いですね。
この頃のダリは、学生館時代の大切なはずの思い出を、詳しく聞かれてなくても自らすすんでスキャンダラスに語っているような印象を受けますね。
周囲では一番年下で、より若い頃から様々な友人兼芸術家たちと出会っては別れ、更に長生きしてしまったために晩年は懐古的な傷心もあったのでしょうか、と思うと戯言も切なく微笑ましくも感じます。
また、この本からの引用が、後年の出版物に大いにあったことを改めて感じました。引用よりもやはり、元のダリの言葉で読めたのも良かったです。
素敵な一冊を教えて頂き、どうもありがとうございました。
そして、同時に引用先として挙げて頂いた「ブニュエル、ロルカ、ダリ」も購入しました。この本はずっといつか読みたいと考えていたので、今こそ、と読み始めました。
ブニュエルに詳しい著者の視点はとても新鮮で、三人の立ち位置が改めて分かりやすく、ペピンさんの協力によって、当時の雰囲気や細やかなエピソードが明らかになり、とても感激しています。
以前「ロルカ・ダリ 裏切られた友情」も読みましたが、本当に伝記というのは、著者の汲み取り方集約の仕方で印象がとても変わるなあと思いつつも、その違いを楽しんでおります。
写真集についてやabe様の収集に向けた情熱深いお話も、本当にありがとうございます。国内外から書籍が届くとのこと、abe様の熱意のこもったHPを拝見しますと、それも納得と思います。

長々と失礼いたしました、また遊びに伺いますね。
 
 

Qさんへ

 投稿者:管理人abe  投稿日:2015年 2月 4日(水)22時53分42秒
  Qさん、こんばんは。
回答が遅くなって申し訳ありません。

 Qさんは、ダリに関して詳しく読まれていますね。「脆い内面を覆う強固な仮面」との状況まで理解している人は多くないと思いますし、今回のようなご質問をされるほど深く研究されていることがうかがえます。

 私のお気に入りの一冊とのご質問ですが、大変難しい質問です。敢えて申しますと「ダリの告白できない告白」(書籍1-1976-09)です。この本にはダリの天才を演出する脆さがダリの言葉で記述されていると思います。私はこの本が出版された時期に複数購入し、ダリを理解してくれるであろう友人たちに「一家に一冊あるべき本です。」と説明して贈呈いたしました。そのため、かなりのひんしゅくを買ったはずです。

 画集では、全画集(書籍2-2002-99)が重宝しております。作品の収録数が充実しているからです。コンパクトサイズでないもの(書籍2-1999-99A)は重くて片手では持てません。残念なのは作品の大きさと所蔵美術館が明示されていません。

 ダリの写真集では、Qさんのお考えのとおり「DALI L'EMPORDA」(書籍431)が一番充実していると思います。図書室内にある書籍453や書籍439~442もそれぞれのテーマ写真集ですが、ダリの素顔の情報量との尺度でみると書籍431が充実しています。

 この図書室にある本の大部分は古書店などから直接購入したものです。(ただし、最近はネットでの購入もしています。)仕事などで出張する時は予め古書店を調べておき、まんべんなく見て回ります。BOOK OFFのようにキッチリ整理していない店が多いですが、その状況でダリに関係する本を探し出すのですから、見つけた時は感激です。発掘の喜びだと思います。
 古書店のみでなく古道具屋の片隅で発見したり、床に背表紙が見えない状態で横積みになっているところから探し出したり、プロの古書買いと勘違いされて追い出されそうになったり、等々さまざまなことがありました。
 また、国内ばかりでなく外国からも私に本を贈呈してくれた方もいました。本に限らず、新聞やCDなどを送ってくれた方もいました。本当にありがたいことです。


 書籍に関しては、いろいろな話題がありますが、その一部を紹介します。
○「ダリ」(河出書房、書籍2-1970-06)
 この本はハードカバーで金色の装丁です。限定2000部の出版で私の本は1007番です。私はギターを弾きますがバッハのプレリュード(BWV1007)が特にお気に入りであるため、車のナンバーも1007にしています。
○「ギャラントメン」(書籍20-1978-01)
 この雑誌はいわゆるポルノ雑誌です。ダリのスキャンダラスな記事としてインタビューなどが掲載されています。私はこの雑誌を発行時に購入していました。しかしながら、ダリに関する部分のみを切り抜いてしまい、他の部分は捨ててしまいました。
 一冊まとまった形で再度入手したいと考え、探していましたが発行年月を記憶していなかったので見つけるきっかけがありませんでした。そのため、この雑誌の入手は相当に困難であるとあきらめかけていたので、見つけたときは感激でした。

 まだまだありますが限りがないので、ここまでにします。

 ついつい、長いカキコになってしまいました。
 

ご返答ありがとうございます

 投稿者:Q  投稿日:2015年 2月 2日(月)00時31分20秒
  abe様、迅速なお返事をありがとうございます!

「ダリとの対話」に記述があるのですね、ページまで詳しく調べて頂き、お手数をおかけしました。
「シュルレアリスムを超えて」の参考文献で未読のものを「ダリとの対話」を含めて2、3目星をつけていたので、大変参考になりました。本当にありがとうございます。早速購入してみます!

映画の方は鑑賞済みだったのですが、マルガリータの存在を知りませんでしたので、てっきり創作されたシーンなのかと思っており、今回「シュルレアリスムを超えて」を読んで、下敷きになる事実があったのだと気づき、大変驚きました。
あの映画はロマンチックな演出はあるものの、史実を丁寧に汲み取って再現されていますね。資料を読めば読むほどに、それが分かり感心しました。スルメのような作品です…

ダリの作品は勿論ですが、それを形成するのに色濃く絡んでいるダリの生い立ちや思想、脆い内面を覆う強固な仮面を被っての言動など、大変興味深く、少しずつですが書籍を集めて読んでいます。
これからもabe様のリストを参考に、集めていきたいと思っております。

ところで、たくさんあるダリ関連の書籍の中で、abe様のお気に入りの一冊はありますか?
また、ダリの写真集というと髭の写真集が有名ですが、やはりその他というと、リストにあります書籍431の「DALI A L'EMPORDA」が魅力的でしょうか。
ネットや古本などで探しているのですが、なかなか出会えません。
abe様も書かれていましたが、おふざけ写真だけでなく、レンズを意識しているとしても日常の、フォトジェニックなダリ本人の写真集が欲しいですね。国内でももっと手に入れやすい出版物としてあればなあと思います。

長々と失礼致しました。
また遊びに伺いますね。どうもありがとうございますした!
 

Qさんへ

 投稿者:管理人abe  投稿日:2015年 2月 1日(日)22時51分21秒
  初めまして、管理人のabeです。歓迎いたします。

 1月6日にカキコしましたとおり、このdalidegala.netに移転したばかりで、ページ内が整っておりません。また、図書室内の整理に時間がかかっている状況です。


 さて、ご質問に十分なお答えきれないと思いますが、私が知る範囲では以下の2点です。追加の回答ができることがあれば、後でお知らせします。

①「ダリとの対話」(書籍1-1975-03)55ページ
 ボスケの質問に答える形で、ロルカがダリの目の前で若い娘と関係を持ったと悦明しています。このことは、書籍1-1998-08のp146~p148に引用されています。

②「天才画家ダリ」DVD
 このDVDのひとつのシーンにあります。このDVDで、女性はマグダレナというライターの女子大生になっています。
 *このDVDについては、まだ図書室にUPしていませんでした。


 上記のDVDのように未UPの書籍などが30~40冊程度あります。図書室の所蔵数量が多くなってしまい、自分でも収拾がつかなくなりつつあります。そのため、初版年を番号に使って整理しているところです。

 また来てください。
 

いつも大変参考にさせて頂いております

 投稿者:Q  投稿日:2015年 2月 1日(日)19時33分55秒
  abe様、初めまして。
いつもHP大変楽しませて頂いております。膨大なデータベースは素晴らしく、感嘆の思いです。
ダリに関する書物を購入する際の指針として、紹介ページを活用させて頂いております。どうもありがとうございます!

不躾ながら一つ質問をさせて頂いても宜しいでしょうか。
書籍1-2006-10「ダリ シュルレアリスムを超えて」を最近購入して読んだのですが、33P~36Pに学生館時代にマルガリータというダリとロルカとの三角関係上にあった女学生に言及しているのですが、参考文献からの引用のように見えます。今までに複数冊ダリの書籍を読んだ中には見当たらず、気になっています。もしもabeさんの紹介されている書籍の中にお心当たりがありましたら、教えて頂けませんでしょうか。

突然の投稿と質問、大変失礼致しました。
これからもダリ愛あふれるabe様のHPを応援しております。
 

サーバー移転

 投稿者:管理人abe  投稿日:2015年 1月 6日(火)22時04分33秒
  皆様、お久しぶりのカキコです。
昨年からページ全体の改修をしておりました。
従来の掲載手法では整理が出来ないほどに未UPの書籍を集めてしまい、時系列で再整理しております。

その整理も終了していない状況のなかで、サーバーの引越しをしなければならなくなりました。
引越し先のホームページは1月5日から開設しています。
ただし、カウンターがありませんし、表示にズレが生じている箇所もあります。
完全な移行にはもう少しの時間を要しますが、今後も宜しくお願いいたします。

 新たなURL=  http://dalidegala.net/

http://dalidegala.net/

 

ありがとうございます

 投稿者:ilad  投稿日:2014年 3月27日(木)19時54分50秒
  静物2の製作時間をおしえていた頂きありがとうございました。
更新頑張って下さい。またお邪魔させて頂きます。
 

管理人abe

 投稿者:iladさんへ  投稿日:2014年 3月26日(水)21時24分26秒
  iladさん、こんばんは。
返事が遅れて申し訳ありません。ここの所連日の送別会でした。

「私の50の秘伝」は単に絵の具の使い方のみにとどまらず、ダリの思想を覗くことが出来ますので、楽しめる良書であると思います。

 さて、私の静物画「静物2」ですが、どのくらいの日数をかけたかはハッキリ覚えていません。しかし半年~1年以上は確実にかけています。ただし、費やした時間はさほど多くはないと思います。せいぜい40~50時間程度だと思います。
 「静物3」もかなり前に完成していますが、まだUPしていませんでした。

 この「静物3」に限らず、未UPのものが多くあります。書籍、新聞、TV、美術展訪問などです。

 ところで、諸橋近代美術館では「ポルトリガドの聖母」の展示を予定しています。福岡市美術館が所蔵している作品ですが、日本国内にあるダリ作品ではとても重要なひとつです。私の住まいが九州からは遠いため長い間観る機会がなかったので、開館を待って行くつもりです。よって、UPすべき内容がまたひとつ増えることになります。
 真面目に更新しなければと反省している今日この頃です。

また来てください。
 
 

管理人さまへ

 投稿者:ilad  投稿日:2014年 3月23日(日)19時50分55秒
  管理人さま、詳しく教えて頂き有難うございます。
最近ダリ全画集を購入しようと検討していたので合わせて私の50の秘伝も購入しようと思います。
話は変わるのですが、管理人様の作品「静物2」はどのくらいの日数で描かれた作品なのでしょうか。
とても目を惹かれました。教えて頂きたいです。
 

iladさんへ

 投稿者:管理人abe  投稿日:2014年 3月22日(土)09時56分13秒
   初めまして、管理人のabeです。
 ダリの模写をしていると聞いて、すごく近親感を感じているところです。

 さて、色の件ですが、私の模写のページにも書いてあるとおり、実物を観ていなければ画集の中から模写に相応しいと思えるものをひとつ選ぶしかないですね。

 当然ながら複数の絵の具を混ぜて色を作っているので、何を混ぜているかを見極めることになりますが、正確に再現することは不可能だと思います。例えばウルトラマリンとコバルトブルーの混合割合まで特定するのは困難です。何故ならイエローやヴァイオレットなどの多種の絵の具が混合されているからです。
 色の再現に関しては、じっくり観察して妥協出来る地点を高めて修正を繰り返すことに尽きます。

ダリがどんな絵の具を使っていたかが分かる本があります。
このホームページの書籍457の「50 secrets of magic craftmanship」です。
この本の日本語版はマール社から「私の50の秘伝」とのタイトルで出版されていています。
今気づいたのですが、このホームページへのupをしていませんでした。今後、upしていきます。

また来てください。
 

レンタル掲示板
/20