teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


アオアシシギ

 投稿者:TAKA  投稿日:2017年 5月10日(水)05時42分1秒
  先日,シギチの調査を行いました。
三原FIELD NOTEにありますように,惨敗でした……。
アオアシシギが来ているのですね!もう少し早く来てくれていたらと思います。

アオアシシギの脚ですが,個体によって黄色っぽい色もあるようです。
 
 

足の黄色なアオアシシギ

 投稿者:空心  投稿日:2017年 5月 7日(日)08時34分50秒
  TAKAさん、おはようございます。
昨日の夕方散歩中に自宅近くでアオアシシギに出会えました。
ピュピュピュの声と共に植え付け間もない水田に舞い降りた
1羽のアオアシシギ、採餌したり休憩したりの繰り返しで
およそ20分間 付合ってくれました。
しかし アオアシシギにしては足が黄色なのが気になります。
個体差でしょうかねー!
 

シギ・チ

 投稿者:TAKA  投稿日:2017年 5月 4日(木)18時22分12秒
  空心さん,返信が遅くなりすみません。

メダイチドリやトウネン,ハマシギの写真をありがとうございました。
三原じゃなくてお隣のフィールドですかね?

と,言いますのは,昨日シギチの調査を三原市内で行いました。
「三原FIELD NOTE」を見ていただけると分かりますが,残念ながら例年通りさみしい限りでした。
ずっと通っていれば,もう少し出るのでしょうが……。

みな様,沼田川河口付近でチュウシャクシギを見ておられませんかね?
 

トウネン・ハマシギ

 投稿者:空心  投稿日:2017年 5月 4日(木)09時11分22秒
  おはようございます。
本日は今季 初撮りのトウネンとハマシギです。
4羽のトウネンと12羽のハマシギの小さな群れでしたが、
すっかり赤色系の夏羽となり冬羽とは感じが随分違います。
 

メダイチドリ

 投稿者:空心  投稿日:2017年 4月28日(金)07時48分29秒
  TAKAさん、おはようございます。
渡りの時期に時たま会えますが、今回の子は夏羽色が特に濃いです。
コチドリと並ぶとメダイチドリの大きさが良くわかりますね。
 

シギとシマアジ

 投稿者:TAKA  投稿日:2017年 4月27日(木)05時41分12秒
  空心さん,おはようございます。

大型シギですが,下面が白っぽく見えるので,ダイシャクシギでしょうか。
ホウロクシギは褐色味があるので。

シマアジの写真もありがとうございました。
私も見させていただきました。
久しぶりに会えたので,嬉しかったですね!!
 

シマアジ

 投稿者:空心  投稿日:2017年 4月25日(火)14時26分11秒
  TAKAさんこんにちは!
今日は当地に今月20日間余り滞在したシマアジの画像です。
雄2羽雌3羽の群れがコガモの群れと行動を共にしていました。
雄は太くて長い白色眉班が代表的な特徴ですが、私には肩羽の
綺麗な縞模様(白・黒・青灰色)が特に印象的でした。
一方 雌はコガモの雌と見分けが難しい位い よく似ています。
長い間楽しませてくれたシマアジさんに感謝感謝です。
 

大型シギ

 投稿者:空心  投稿日:2017年 4月24日(月)08時26分16秒
  TAKAさんおはようございます。
 ホンドテンのコメント有り難く拝読させて頂きました。ありがとうございました。
 昨日は久し振りに海辺の巡回に出かけ、3年振りにカニを探す1羽の大きなシギ
 さんに出会えました。ホウロクシギか又はダイシャクシギかと思いますが距離
 もあり判別に値する画像は得られませんでしたが取りあえず報告します。
 

テンとタマシギ

 投稿者:TAKA  投稿日:2017年 4月24日(月)05時40分15秒
  空心さん,おはようございます。

ひとつ前の「ホンドテン?」ですが,知り合いの専門家Fさんに聞いたところ以下の答えが返ってきました。

以下,Fさんのメールを引用
---------------------------------------------------------------------
さて、掲示板、拝見しました。
テンに間違いないと思います。
テンは、奥山はもちろんのこと、ちょっとした里山でも普通に生息している、特に珍しくない種です。
もちろん、広島でも普通にいます。
とは言っても、そんなに簡単に見かけることは少ないでしょうけどね。

なお、投稿された方は、「キテンではないか」とコメントされてますが、いわゆる「キテン」か「スステン」かは、冬毛の時の毛の様子から分けられるもの(毛の色が違うだけで、種は同じ)です。
夏毛はみんなこんな感じなので、この写真だけでキテンかスステンかを判断することはできません。

おまけに言うと、3つめの写真で口にくわえているのは、おそらくヒミズだと思います。
小型のモグラの仲間ですね。
これも、結構普通に生息している種ですね。
いわゆるモグラに比べて、比較的地下の浅いところに生息しているので、うまく捕まえることができたんでしょうね。
-----------------------------------------------------------------------

Fさん,どうもありがとうございました。
テンもそうですが,ヒミズのことも勉強になりました。

空心さん,テンで間違いないそうです。いろいろな動物がいますね!
タマシギの写真もありがとうございました。
 

タマシギ

 投稿者:空心  投稿日:2017年 4月23日(日)08時29分43秒
  三原の沼田東町では時々ではありますが1年中タマシギを観察できます。
雌は雄より大きくて派手な体色で存在感があります。 一方 雄は地味な
装いですが 抱卵・子育てを一手に引き受ける働き者です。
繁殖期の夕方に田園を散歩していると、運が良ければ「コーコー」と雌が
雄を呼ぶ声を聞くこともできます。
 

レンタル掲示板
/62