teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:147/193 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

管理人abeさま へ

 投稿者:dalist  投稿日:2008年 7月22日(火)15時06分57秒
  通報
  早速のご回答をいただき、ありがとうございました。 あいにくこれだけでは判断できませんが、私が期待したのとは、やはり違うように思います。 すでにお察しでしょうが、内容を教えてとお願いしたのは、私が再読したい記事が、もしかしたらこれかもしれないと思ったからです。 でも、違うみたいですね(タイトルには見覚えがあるんだけど)。
こうなったら逆に、私が記憶している記事の内容をお知らせして、このたびabeさまが確認された中に、そういうのがなかったかをお尋ねした方がいいかもしれません。 もっとも、それすら以前に書いているのですが、きょうはもう少し詳しく、私が記憶しているすべてを書いてみます。

ダリの絵とピカソの絵、ふたつ並べて見比べたならば、ピカソの方がはるかに上手(ウワテ)であることは、これはもう誰の目にも明らか。 でもそれは、あくまで本物を見比べた場合の話。 写真に撮って印刷した複製画で比べると、状況は違ってくる。 ダリもピカソもそんなに差がないどころか、ダリの方が上手く感じられさえする。 つまり、ダリの絵には、複製画で見た方が上手く見えるという、大きな特徴があるのだ。 これはなぜかというと、20世紀においては、芸術作品は、本物よりも印刷された複製によって知られ、広まり、評価さえされるということを、ダリは早くから見抜いて、複製にした時に上手く見えるように、その効果を最初から計算して絵を描いているからなのだ。

だいたいこんな内容だったと思います。 ちょっと他に例のない、かなり衝撃的な内容なので、abeさまも少なからず興味をそそられるでしょうから、ご覧になられていれば、ご記憶のことと思うので、もし記憶にないとすれば、やはりあのリストには漏れているか、あるいは私の記憶が間違ってることになると思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:147/193 《前のページ | 次のページ》
/193