teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:54/193 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

お久しぶりです

 投稿者:dalist  投稿日:2012年12月 3日(月)14時07分33秒
  通報
  11/29、ようやく諸橋近代美術館の『ダリとファッション』展に行ってきました。 7月に始まった時から、早く見たいとは思っていたのですが、最近は泊り掛けどころか、日中通しての外出すら困難になっているので、どうしても後回しにせざるを得ず、この日を逃したらもう後がないところまで来てしまったので、無理して出かけたのでした。 でも、やはり行ってよかったです。 それで、久しぶりにその感想報告等を(ただし、なかなか書くヒマもないので、かなりかかるかも)。


ダリのいわゆる商業美術関係の作品は、映画等一部のジャンルを除くと、まとめて詳しく紹介されることが少ないので、このような企画はすごく有難いものといえます。 展示内容も、十分楽しめるものでした。
展示は4コーナーに分かれています。

最初のコーナーは、収蔵のコラージュ作品『大胆な試み』(『全画集』未収録?)を、香りをテーマに読み解くというもので、この解説はなかなか詳しく、見ごたえがありました。
この作品は、新収蔵作として初公開された時から、私は制作年に大きな疑問を感じていました。 展示では'64年と表示されているのですが(確かに作品には「1964」と直筆されているので、それは間違いないのでしょうが)、『VOGUE』誌のために制作されたもの(?)であるにもかかわらず、同誌への掲載が'71年末で、期間が空きすぎているからです。 それでその時すぐに、学芸員の方に聞いてみたのですが、その人も制作年には疑問を感じておられるようでした(オフレコだったらごめんなさい!)。 私も自分なりに、期間が空いた理由を考えてみたのですが、
①本当は'64年に掲載されるはずだったのが、事情でボツになり、7年後に日の目を見た
とか、
②'71年のは再掲載で、実は制作当時にすでに掲載済みだった
等、月並みな理由しか考え付きませんでした。
ところが今回の解説パネルによると、コラージュに使われている写真の香水が発売されたのは'70年と'71年だそうで、そうだとすると'64年の作品ではありえない('71年でしかありえない)ことになってしまいます。 それでは作品に記された年号は何か? となりますが、パネルの解説者は、やはりコラージュに使われている、胸に目がプリントされた(?)衣装を着た女性の写真に注目し、この衣装が発表されたのが'65年なので、それを記したのではないか? という解釈を示しています。 発表が'65年でも、考案や制作は1年前だったということでしょうが、これはかなり苦しい解釈で、私は納得しかねます。 むしろ、'64年に制作した未発表作品に'71年に手を加えて発表した、と考えた方がまだマシな感じがしますが、でもそんなことってあるかしら?
いずれにしても今回の展示で、疑問は解消するどころか、ますます深まってしまったのでした。


今回はここまでにさせていただきます。 そいぢゃ。


 
 
》記事一覧表示

新着順:54/193 《前のページ | 次のページ》
/193