teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:43/193 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

『ダリとファッション』展鑑賞記 その5

 投稿者:dalist  投稿日:2013年 2月 6日(水)14時18分55秒
  通報
  『メイ・ウェストの部屋』は、もちろん『唇ソファー』だけでできているのではありません。 今度は他の要素を見ていくと、まず目に付くのが“鼻暖炉”です。
フィゲラスのダリ美術館の『メイ・ウエストの部屋』の写真を初めて見た時は、鼻もずいぶん幅広になっていて、びっくりしました。 これでは往年の美人スターがだいなしではないか、と気の毒になるほど、元のイメージからはかけ離れてしまってますよね。 でもこのくらいにしないと、薪が入らなかったのかも???
今回の展示では、フィゲラスの形状にそっくりな“鼻暖炉”が据えられていました。 これは『唇ソファー』とは違って、まさか市販はされてないでしょうから、わざわざ作った(作らせた?)のでしょうね。 さわった感じはプラスチックみたいでしたが、これだけのサイズのものを、1点だけ成型するわけにはいかないでしょうから、最近のフィギュアなんかに使われているという、樹脂粘土ででもあるのでしょうか。 それにしても、よく作りましたよねえ。 本当に感心しました(と、えらそうなことをいう)。
暖炉の上には、原画と同様に時計が載せられています。 この時計は、さすがに原画通りではありませんでしたが、けっこういい雰囲気が出ていました(フィゲラスのだって、決して原画通りではないですからね)。

背後の壁には、“眼の額絵”が掛けられていますが、これが肉筆画だったことにもびっくり。
ダリの原画では、印刷写真の目の部分に直接額縁を描き、風景画らしく加筆しているようですが、フィゲラスではその原画(または複製)を、そのまま拡大コピーして額に入れてるようです(『メイ・ウエストの部屋』の写真を初めて見た時、額絵に印刷の網点が写っていたので、そう判断しました)。 だから、ここでも当然そうするものと思っていたら、肉筆での模写ですからねえ。 何か、コピーではマズい理由でもあったのでしょうか。 確かにコピーよりも肉筆画の方が、雰囲気は出そうですけれども。 特に今回は、“立ち入り禁止”と思われるフィゲラスとは違って、自由に立ち入って間近で見ることができるので、コピーでは安っぽくなりすぎるのかも知れませんけれどもね。
ただ、申し訳ないのですが、模写はかなりラフで、よ~く見ると原画とは細部がけっこう違ってました。 だから、どうせ模写るんだったら、印刷の網点まで忠実に模写してくれればすごかったのに(と、好き勝手なことをいう。 でも、abeさまだったらなさりそう?)、と思ったりもしたのですが、でももしかすると、原画通りではこれまた額絵らしくなくてつまらない(?)ので、わざとああいう、いかにも“絵”という描き方にしたのかも知れません。 それでも、目と風景画の二重像には、ちゃんとなってましたから。



今回はここまでにさせていただきます。 そいぢゃ。



PS:
『唇ソファー』に関する情報、ありがとうございました。 53頁の写真には気付きませんでしたが、やはり屋外で使用するものは、布張りではマズイでしょうね。 帰ったら早速、形状とか見てみることにします。



 
 
》記事一覧表示

新着順:43/193 《前のページ | 次のページ》
/193