teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


『ダリとピカソ展』に行ってきました。 が、

 投稿者:dalist  投稿日:2008年 5月 7日(水)15時11分48秒
  予定を2度も変更して、ようやく3日に行ってきましたが、連休は何かと雑用がある上に、風邪で腰痛が再発したので、時間・体調ともに不本意な外出となりました。 しょーがないので、また来月にでも出直すことにし、今回は“下見”と割り切って、駆け足で眺めてきたのですが、ひとつ感じたのは、作品を提供した美術館が、大幅に増えていたことです。
ほとんどを自前で済ませたダリとは違って、ピカソの手持ちはひとつしかないので、あとはすべて借りものなわけです。 当然、1、2館ではまかなえず、8館から掻き集めてるのですが、ダリの横浜ならずとも、これまでにはなじみのなかった美術館がたくさんあって、中には、頼んでも貸してくれないと聞いていたところさえありました。 昨年の『シュルレアリスム展』の出品館も少なくなかったので、おそらくそうしたものに協力することで、信頼を深めていかれたのだと思いますが、ここまで漕ぎ着けるには、相当のご苦労があったことでしょう。 その結果が本当にすばらしく、またうれしく感じられたところでした。
今回はこれだけにさせていただき、展示についての感想は、もっとじっくり見てから書くことにいたします。 それではまた。
 
 

管理人abeさまへ

 投稿者:クッキー  投稿日:2008年 4月23日(水)06時45分51秒
  ありがとうございました。
ダリとは直接関係ないのですが、フェルメール展が待ち遠しいです。ダリが自分以外の作品で地球滅亡のときに持ち出すとしたらという質問にフェルメールと答えたとか。もっと関係ないですが、ジョンエバレットミレーも楽しみです。今年はいいことがいっぱいです。
 

管理人abeさま へ

 投稿者:dalist  投稿日:2008年 4月22日(火)12時49分47秒
  お久しぶりです。 abeさまは、週末しかこの頁をご覧になれないとのお話でしたので、その日のうちにコメントをいただけるとは、思っていませんでした。 ありがとうございます。 風邪の方はいまいちなので、あまり無理しないことにします(別に急いで見なきゃならないものでもないですしね)。
九州というと、誰しも考えるのはまず福岡でしょうね。 私は、しばらく前までは長崎だったのですが、去年名古屋で待望の初対面を果たしましたので、今は鹿児島(でしたっけ? あの『3角の時間』の)だったりします。 もちろん長崎も、できれば裏磐梯でも見てみたいですけれども。
 

dalistさんへ

 投稿者:管理人abe  投稿日:2008年 4月21日(月)23時19分35秒
  dalistさんへ abeです。

 久しぶりでしたね。体調不良のようですがお大事にしてください。
 さて、裏磐梯は若葉の季節ですがすがしいかぎりです。風邪を治してじっくりとピカソとダリ展を観てください。
 九州とは福岡市と長崎ですね。私が「ポルトリガトの聖母」を最後に観たのは秋葉原だったのですから20年以上経ったことになります。
 

管理人abeさま へ

 投稿者:dalist  投稿日:2008年 4月21日(月)12時50分35秒
  もうご覧になられたのですか。 お早いですね~。
実は私も、初日が休日で、しかも企画展がダリなんて、こんなに条件が揃う年はめったにないと思い、ひそかに初日狙いをしてたのですが、地区の行事と重なって、おじゃんになりました。 やむなく今度の土曜日へと、矛先を変えたのですが、あいにく風邪をひいてしまい、目下レロレロで、それもおぼつかない状態です。 なんだか今年も、幸先悪いデス。
ところでこの美術館は、岡崎サンや池田サンとは、以前から作品の貸し借りをしていますが、横浜美術館とは初めてではないでしょうか。 それだけ交流範囲が広がったのは、喜ばしいことですね。 この関係が、早く九州地区まで届くことを願ってます。
 

ダリとピカソ展

 投稿者:管理人abe  投稿日:2008年 4月21日(月)00時09分50秒
   本日、諸橋近代美術館の「ダリとピカソ展」がオープンしましたので、さっそく訪問してきました。冬期間は閉鎖している美術館ですので久しぶりの開館です。

 さて、ピカソは国内の約50作品がそろえられています。ピカソのデッサンの素晴らしさは承知していたつもりでしたが13歳ころの石膏デッサンには脱帽ですね。また、存在感の確かな鳩も含め見ごたえ充分。
 ダリについては横浜美術館・岡崎市美術博物館・池田20世紀美術館などの作品がそろえられています。特に「ガラの測地学的肖像」とその習作はとても興味深く緻密なタッチを間近に干渉出来ました。
 また、収蔵室入り口には「薔薇の頭の女性」が置かれています。アクリル製の杖が床の中から光が当てられているます。もともとこのような展示であることを知りました。

 ピカソとダリはスペインの天才画家ですので、主任学芸員の方が2人の類似性などを説明しています。私が面白いと感じたのは両人ともロシア女性と結婚していることを指摘していることです。こんな見方があるのだ!
 

クッキーさんへ

 投稿者:管理人abe  投稿日:2008年 4月20日(日)23時22分2秒
  はじめまして、管理人のabeです。

返事が遅くなりました。
さて、でぶ矢さんの投稿の時にもカキコしたのですが、お問い合わせの内容は思いつきません。でぶ矢さんにも答えたのですが、この質問で私が思い出したのは、どこかのヴォーグの編集長がダリのもとを訪れた時に雨粒を紙に受けてインクを滲ませて絵を描いたことです。

どなたか知っている方がいるとよいのですが。
 

アルミホイルについて

 投稿者:クッキー  投稿日:2008年 4月16日(水)23時42分27秒
  はじめまして

でぶ矢さんが2007年 8月25日(土)22時56分14秒に投稿された件について私も調べています。

私の記憶では、ダリが美術のスケッチでよく登場するダビデ像?を見ながら、アルミホイルを触ってものの5秒くらいで同じものを作ったように思います。
とても衝撃を受けたのでもう一度みたいなと思っています。

ユーチューブとかDVDとかで見れたら嬉しいです。
その後の情報はございませんでしょうか。
 

ありがとうございました

 投稿者:LONART  投稿日:2008年 2月28日(木)03時41分23秒
  結局ダリ・ユニバースに行ってみました。有名な絵画は何もなかったですが、結構な作品数で、興味深かったです。  

LONARTさんへ

 投稿者:管理人abe  投稿日:2008年 2月24日(日)21時04分42秒
   はじめまして、管理人のabeです。

 さて、ダリ・ユニバースの件ですが現在このHP内には記述がありません。(見落としではありません)単に私が行ったことがないためです。過去にロンドンのテートギャラリーにダリの作品を見に行った時はなかったはずです。
 パリのESPACE・MONTMARTREやバルセロナのDALI・ESCULTORのような存在でしょうか。勿論行ってみたいですが美術館というよりはショップに近い印象を持っています。特にダリ・ユニバースの彫刻類はオリジナルではないマルチプル彫刻のようです。

 「宇宙象」は彫刻の作品名です。発想の元はベルニーニの象でしょうが印象として(象キリン)(蜘蛛の足を持つ象)など説明されることが多いですね。
 

レンタル掲示板
/20